メイントピック「猫対策、トラウマについて」

花火
投稿者: 花火

[1]猫対策、トラウマについて

2017年11月13日 09:53

こんにちは。初めて投稿させていただきます。 うちには雛から育てた生後5ヶ月の文鳥がいます。 先日家族が裏で飼い慣らしていた野良猫をこっそり家の中にいれているとは知らずなにか物音が2階からするとおもい上がってみると大切に飼っている文鳥が襲われていました。幸い生きてはいるものの噛み付かれ出血し、慌てて病院へ連れていったものの助かる確率は低いと言われてしまいました。 今まで猫が家に入り、ましてや2階へいきさらにはわたしの部屋に侵入し鳥を襲うなどということがなかったのでわたしの不注意もあったと思います(もちろん一番腹立たしいのはこっそり猫を家内にいれた馬鹿ですが)。 今は仕事もしてないので家にいることが多いのですが、今回のことがトラウマでいつ猫がうちに入ってくるかと考えるともう家から1歩も出られません。猫らしきものの声を聞くだけで怖くなって何度も文鳥の安否を確認しにいってしまいます。 現在その猫もわたしが死ぬほど殺意を抱き殴り蹴るなどをし(ここで猫をかばうような発言はやめてください。たとえそれが野良猫が生きるためであろうと本能であろうとわたしはそれほどこの猫が今でも許せません。今回わたしの不注意があったとしても猫さえいなければ良かったのです)本当は処分しようと思ったのですが逃げていきどこに行ったかわかりません。また戻ってくるかもしれないと思うと怖くてたまりません。 もともと猫は好きでも嫌いでもなくどうでもよかったのですが今回の件でもう顔も見たくないほど嫌いに、トラウマになりました。 でも家から出られないのは困るので、少しでも「猫が鳥をまた襲っているかもしれない」という恐怖から逃れられる方法(もちろん今回のことが二度と怒らないように対処するという心掛けはわすれずに)と、猫が入ってこないような対策があれば教えていただきたいのです。 うちには犬もいるのですが本当にポンコツで猫の侵入をやすやすと許してしまいます...。 文鳥は一件建ての二階におります。 窓は小さなテラスがついてるものが大きいものと小さいものが1つずつの計二つがついてます。部屋のドアは手にかけてしたにおすドアノブがついている木製です。 皆様の力をお借りしたいです。

【投稿ID】/+NPKDvV08XLSowR3Jd+nw

とりっちメンバー会員登録へ

すでに会員の方はページ右上のログインフォームからログインして下さい。

このトピックに対する返信 (3日以内のカキコミにはNEWマークが付きます)

花火
投稿者: 花火

[5] Re: 猫対策、トラウマについて

2017年11月15日 22:33

チャッピィさん、回答ありがとうございます。
卵の黄身、ぜひ上げてみます。
食べてくれると良いのですが、とっても参考になりました。
文鳥ですが、今日は猫にかまれてからしていなかった放鳥をしてみたところちょっと元気になったようなきがします。以前のように呼び鳴きもするようになり安心しています。

お気遣いもありがとうございました。
回復に向けて尽くします。

【投稿ID】j4YYZAA43wsryyqNuoGAuw

チャッピィ
めっちゃかわいい♪
投稿者: チャッピィ

文鳥
【鳥図鑑】

[4] Re: 猫対策、トラウマについて

2017年11月14日 12:10

花火さんこんにちは。

文鳥さん災難でしたね。うちでも猫による被害は被ってるのでお気持ちよくわかります。
猫とは無関係なのですが、うちの文鳥も事故に遭い
くちばしも脚も血色悪くなってしまったことがありました。
口には出さないものの、周りでみている家族が覚悟したほどの状態でした。

そのような状態だったのですが、卵の黄身を与えたところ、
すごい勢いで食べだし水を飲み
急激に力を取り戻したことがありました。
それから後はみるみると元気になりました。
人間と同じように鳥さんも病は気からというか
気持ちに左右されるものなんだと驚いたものです。

花火さんの文鳥さんも、なにかのきっかけで気持ちを持ち直し
早く元気になってくれますように。

【投稿ID】K4l8UUC7cGKiaf7cpHXuPg

花火
投稿者: 花火

[3] Re: 猫対策、トラウマについて

2017年11月14日 10:38

るなさんへ。
回答ありがとうございます。

その時は大変頭に血が上っていたので猫が水を嫌いだということをすっかり忘れていました。
今度もしも家の近くによってきているようなことがあれば水での対策をしようと思います(もちろん第一に家に近づけないことですが)。

ケージに入れるもの考えてみます。
ぜひ参考にさせていただきます。

アクリルケースですか。
本当にトラウマが過ぎて心配で不安で仕方がなくなったらそうしようと思います。
戸締りを必ず心がけるようにして少しはトラウマがなくなったような感じもありますが怖いのはまだあるので...。

あれから数日たちますが生きてはいるものの元気がなく以前は毎日チュンチュン鳴いていたのも今はすっかり鳴かなくなってしまい本当に胸が痛いのと申し訳ない気持ち出いっぱいです。
でも回復の予兆はあるので根気強く寄り添っていきます。

迅速で丁寧なご回答をありがとうございました。

【投稿ID】/+NPKDvV08XLSowR3Jd+nw

るな
投稿者: るな

[2] Re: 猫対策、トラウマについて

2017年11月13日 12:16

こんにちは。

鳥さんのお加減はいかがでしょうか。

お気持ちはよくわかります。
その猫は、二度と家の中に入ってくることはないと思います。
頭は悪くないので、怖い思いをした場合、その場を避けて通っていきます。
数十年前は、セキセイや文鳥を飼うのは屋外のケースがほとんどだったと思います。
うちもそうだったのですが、母がよく庭を通る猫に2階から水をかけて鳥が襲われるのを守っていたので、一度水をかけられると塀の上を通りすぎるだけになっていました。
幸運な事に、鳥が被害にあったことはありません。
今なら絶対に外で飼うことはしませんが。

鳥を守るならどうするか。
場所が必要なのと、お金がかかりますが、文鳥のケージを更に大きなケージに入れるという方法もあります。

例えば

http://www.kk-sansei.co.jp/sm/

こういう所の犬猫用のケージで、文鳥のケージをいれて猫の手が届かないサイズを選択するという方法など。

倒されないだけの重さも必要です。

アクリルケースも考えたのですが、アクリルケースは割れる可能性があるのと、鳥は光と風の生き物なので、どうしようもない限りはオススメしにくいです。

まずは部屋の戸締まりを確実にすることが最短かもしれません。
部屋のドアに鍵をつけるなどでもいいかと思います。

文鳥さんがなんとか回復しますように。

【投稿ID】UrYVJVYz9m5fZXYKWJWnwA

とりっちメンバー会員登録へ

すでに会員の方はページ右上のログインフォームからログインして下さい。
1-4件 4件中

とりっち掲示板カテゴリ一覧

採用バナー

ログインはこちら

メールアドレス:
パスワード:


パスワードをお忘れの方はこちら

鳥図鑑
全国鳥病院リンク集
お役立ちリンク集