鳥の病気・病院(インコ・文鳥・オウムなど)

ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】

メイントピック

ゆうこまどり

[1]メガバクテリア治療の注射について

ゆうこまどり

インコちゃんのメガバク治療経験のある皆様におききしたいです。

わが家のセキセイインコなのですが、経過はこんな感じなのですが、注射をした方がいいでしょうか?(もちろん病院で)

経過はこんな感じです。

2019年6月21日にお迎えし、(生後50日)お迎え直後、3ヶ月後、さらに2週間後の検診でもパーフェクトでずっと元気

11月13日に朝一度吐き病院へ→診断はメガバクテリアの初期症状で、検査後、投薬治療中ずっと元気

11月末経過診察→メガバクほぼいないが投薬継続

12月14日に経過診察に行き→メガバク検診されずほぼ完治とのこと

同じ日の夜羽は全く膨らませていないが脇だけ広げて苦しそうで夜間緊急で別の病院に行く→メガバクはわずかにいるが、おそらく検診の痛みとショック状態とのこと、その後日からは元気

一昨日12月21日の朝一度吐き病院へ→診断でメガバクは2個の糞にやっと一匹見つかった程度。おそらく換羽がひどいのでそれもあるが、投薬と注射をした方がいいとのこと

経過は以上です。

ですが小鳥の注射のリスクをネットなどで見て・・私としてはまだ投薬治療を続けて1ヶ月半で菌も減っているので、今回は換羽もあるしあと2週間くらいは投薬治療にしたいのですが、即注射した方が良いのでしょうか?

ちなみにまだ体重減少はなく,下痢もしていません。吐いたのも病院に行った11月13と12月21だけで、いずれも朝だけでその後は普通に鳴いて籠の中で遊んでいます。

心配で仕方ないです、長々と申し訳ありませんが宜しくお願い致しますm(__)m
*12/22追記
投薬治療はずっと継続中です。12/21に行った病院は今までと違い、以前の病院では数が少ないので注射は必要ない、しない方が良いと言われていて、今回注射と言われたので少し焦ってしまった次第です。お医者さんには、2週間投薬治療し、また症状が出たら注射にしてくださいとお伝えしてあります。

投稿ID: f0QXlk/6jR9MgqpWEAXtTg

※インコのおもちゃ・ぬいぐるみをみる[PR]

このトピックに対する返信(3日以内のカキコミにはNEWマークが付きます) 古い順に並べ替え

ゆうこまどり

[3]Re: メガバクテリア治療の注射について

ゆうこまどり

oyadori様

有り難うございます!
診ていただいたのは、県内にある鳥専門の病院が完全予約制で、具合が悪くなった時にいつも行けない為、両病院とも診療対象に「鳥」が書かれている病院です。

今回12/21の病院は口コミやサイトに「メガバク治療日記」など、より鳥を診ていそうな病院にしたのですが、、
不審に思ったのは「一通り健康診断もして欲しい」と伝えたのでそのう検査くらいはしていただけると思い、おききしたら「そのう検査はしたことがないし、そのう検査というのは必要がない」と言われたことと、
また何より注射するならするで、リスクの説明や同意書の話が出るかと思ったのですが全くなく、さらに「お伝えしずらいですがリスクがあることもネットで知ったので」と私がお伝えしたら、先生が「注射で小鳥が死ぬことはない、亡くなったのはその鳥が末期だったから、ネットの情報は正しくない」と言い切ったことです、、正直驚いてしまいました。。

私は鳥を長年飼っているだけで医療の知識があるわけではないので、今までは全て先生の言うとおりにしてきましたが、さすがに今回は言ってしまいました。(素人なのにお医者さんに意見するとか、自分はおかしいのかなとか思ってしまいました(汗)

とりあえず今回は投薬治療だけにしてもらったので、二週間後、または具合が悪くなった時は前の先生か、完全予約制の鳥専門病院に頑張って予約してみようと思います!

ちなみに前回の薬は抗真菌剤のみ、今回の薬は抗真菌剤に抗生剤、吐き気止めも入っているのでそれも心配でしたが、薬は大丈夫そうです。おそらく今回は換羽の部分が大きかったと思います。羽も大分生えてきて今は元気です!
また長々と失礼致しました、有り難うございました!

投稿ID: f0QXlk/6jR9MgqpWEAXtTg

※鳥のインテリアグッズをみる[PR]

oyadori

[2]Re: メガバクテリア治療の注射について

oyadori

ゆうこまどり さん 
はじめまして。

AGY(=メガバク、以下AGY)の治療、注射の経験があります。
先生によって考え方が違いますがどの先生からも「注射のリスク」については同じ説明を受けました。

注射は病気の種類に関わらずできればしたくない、というのが本音です。

AGYの治療は、個人的に「投薬の効果が弱い、または緊急性が高い」と注射するというイメージがありますが先生によっては併用もあるかもしれません。
また、当時診てもらっていた先生は注射器に抗真菌剤の他に都度症状に合わせて違う薬剤も入れていました。

なので即注射という判断は難しいというのが本音で、先生とよく相談しながら注射になると思います。


ゆうこまどり さんの愛鳥さん、早く良くなるといいですね。

投稿ID: BURjISBnRHfhGR8TN/diOw

※女性の飼い主様、鳥さんに負けないくらいに美しく★充実したジュエリー・アクセサリー特集をみる[PR]

1 - 2件 2件中