鳥の病気・病院(インコ・文鳥・オウムなど)

メイントピック

焼おにぎり
はじめまして。

[1]コザクラインコのクリプトスポリジウム

焼おにぎり
はじめまして。

3月14日にブリーダーさん宅からお迎えした、生後50日のコザクラインコにクリプトスポリジウムが見つかりました。
ブリーダーさんにお話すると引き取って頂けるというお話で、先住鳥の感染も怖かったため里にお返ししました。
たった一週間とはいえ家族に迎えた子との別れは本当につらく、丸二日ほど寝られず泣き暮らしました。

いま、クリプトの子はブリーダーさん宅にいます。
我が子のように可愛がっていた子なので、少しでも発症しないように今情報を集めています。

色々な方からお話を聞いたりして、個人的にまとめたのが以下になります。

クリプトスポリジウム
・専用の検査で見つかる。主に幼鳥で増殖中は見つかりやすいが、成鳥で落ち着いていると見つかりにくいこともあり。
・コザクラインコが感染すると完治は不可能。
・5歳くらいで発症。発症すると胃の膨張、それに伴う吐き気なとで衰弱する。
・10才を越えて発症しない場合もあり。
・感染鳥の糞、吐きもどしなとで感染する。
・濃厚接触していても感染しない場合もある。(同じカゴで生活していて非感染のケースも聞きました)
・分けていても水浴びや同じ場所にケージがあると感染する場合もあり。
・クリプトの卵は70度以上のお湯で死滅。アルコールなどは効かない。

などです。
また、持っている子は体重が少ないのも特徴なのかなと思いました。
私の場合は38から39グラム、黒色弁が出たことで検査し、発覚しました。
クリプトスポリジウムについては、まだまだ知らないことも多いため、体験談や発症させないためのアドバイスなど、知っていることがあれば教えて下さい。

よろしくお願いします。

こんなに愛しい子がどうして…

投稿ID: OzIMssZCm5M9kBJa7tj/dA

0 - 0件 0件中