鳥の病気・病院(インコ・文鳥・オウムなど)

メイントピック

テラポリス
鳥も動物も大好きです

[1]誤診

テラポリス
鳥も動物も大好きです

昨日退院したアキクサインコの子。
うちから里子に行った子です。
動物病院の誤診でかなり体調を崩していました。
間違いなくPBFDの症状ですと言われ、無駄な投薬で瀕死になりました。
そのまま獣医師、動物病院任せにしていたら殺されていたかもしれません。

飼い主さんが人間の医療に携わっている方でしたので、治療内容を不審に思い発覚しました。
この飼い主さんは迅速で的確な行動をされてるのでいつも感心しています。



動物病院は人間の病院と比べて、専門科が細分化されていない場合がほとんどです。
1人の獣医師が呼吸器も循環器も外科、内科、眼科も診断、治療することがほとんどです。

獣医師を庇う訳ではありませんが、何でも見れるなんてなかなか、ほとんど無理です。

専門科が細分化されている人間の病院でも誤診はあります。小林麻央さんもそのようです。

獣医師も医師も神様ではないので、間違いもあるかもしれません。
でも誤診の理由は怠慢、手抜き、勉強不足の何かでしょう。


今回、誤診したのは『小鳥の専門』と謳っている
都内23区東側の病院。
専門と謳えば誰もが信じたり安心してしまうかもしれません。
その病院内でも意見は分かれていたようですが、声の大きい獣医師の意見が通ってしまい、全く必要のない治療と投薬でどんどん体調を落として行きました。

うちの子が可愛い!1番!
そうずっと思え続けられるように飼い主さんもしっかりとした考えを持つ方がよいかな。と思いました。

投稿ID: K9Hs4++gQwyd760ICTshug

0 - 0件 0件中