new

【NEW】とりっち全トピックに「いいね👍」等のリアクションボタンが新登場!気持ちを気軽に伝えよう👌

鳥の病気・病院(インコ・文鳥・オウムなど)

ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】

メイントピック

ミチル

[1]闘病生活の過ごし方について

ミチル

2010年10月にお迎えした文鳥♀(10歳)と過ごしていますが、
昨年11月末に血便をきっかけにリンパ腫が発覚。
ステロイドなど投薬しながら日々を過ごしてきました。

症状は徐々に進行し、今年の2月に血便や衰弱から二度入院しましたが出血が止まり回復。

それからは、業者から酸素室をレンタルし、放鳥以外は酸素室のゲージ内で過ごしています。
わずかに血が混ざる便が出る事はありましたが、月に数回(1日に1個程度)で食欲もあり鳴き、元気に過ごしてきました。

しかし、夏頃から便の出が徐々に悪くなり、脚も弱くなってきました。
ゲージ内は止まり木など低い位置のみにして、ご飯や給水器も床から頭を下に向くだけで摂取できるようにしています。

さらに、くちばしもかみ合わせが悪くなり、下くちばしが内側に巻いてしまうので、自分でできる部分は自分でカット。
奥など難しい部分は病院でカットして整えてもらっています。

そして、9月は胃からの出血で黒色便が出て数時間で血色が悪くなったので発覚した日に病院に連れていき即入院。
「出血が止まらなければ覚悟を」と言われましたが、3日目の面会で私がこれから会うという直前のタイミングで出血が止まりました。

ステロイドの副作用による胃からの出血じゃないかとの事でしたので、ステロイドの量を減らし、リンパ腫の進行具合を見ながら今に至っていますが、10月から便の出が悪くなりましたので、朝一の便は手で補助して出してあげてます。
(朝一の便がゼリー状で硬めなので、それさえ出せれば後は自力で出せます)

また、今日は片目の濁りに気づきましたのでおそらく白内障じゃなかいと思い、先ほど病院に留守電を入れておきました。明日先生とお話する予定です。

今、私はこのような闘病生活を送っていますが、リンパ腫が治せない事は受け入れていますし、穏やかに過ごして欲しいと思っています。

ただ、私は今の文鳥が初めてなので、同じように闘病生活を送った方などいらっしゃいましたら、どのように過ごされてきたのか教えて頂けると幸いです。

私は体重や便、血色やお腹など日々の変化には自分なりに注意しつつ、限られた放鳥時間の中では手の中に収まったり、弱くなった脚で満足に自分でカキカキできないようなのでかわりに私がカキカキするなど、一緒に過ごす時間を大切にするようにしています。

また、いろんな方のブログなど読ませて頂きましたが、「3日前から~」など急に容態が変わったりするような内容も目立ちましたので、その点も経験された方がいらっしゃいましたら、何か予兆的な事があったのか?病院に連れて行った、そのまま看取ったなど、どのように対応されたのか教えて頂けると幸いです。

写真の1枚目はリンパ腫発覚前の昨年9月
2枚目は今年の4月(ステロイドの副作用か頭皮など脱毛しました)
3枚目は本日です(右目たぶん白内障じゃないかと思ってます。頭皮は一時ツルツルでしたが、ステロイドを減らしたタイミングで少し生えてきました)

投稿ID: ne7Kp8UsW1ey5prXmrqulQ

リアクション数

-

  • いいね!
  • ファイト!
  • すごい!
  • わたしも!
  • つらいね...
  • いいね!

  • ファイト!

  • すごい!

  • わたしも!

  • つらいね...

この投稿をシェアする

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブログでシェア

0 - 0件 0件中