鳥図鑑

コンパニオンバードが大集合。
とりっちのメンバーみんなでつくるとりっち鳥図鑑です。

ウズラ

ウズラに関するトピック

1 - 5件 69件中

ウズラを飼っているメンバーリスト(メンバー数 11件)全てのメンバーを見る

ウズラについて

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ウズラから引用(2008.9.24 14:30)

ウズラ(鶉・学名Coturnix japonica)とは、キジ目キジ科に分類される鳥。

形態

体長は20cmほどで、ヒヨドリと同じくらいの大きさ。頭が小さくて体が丸く、尾が短い。目の上にベージュのラインが入っており、からだは褐色の地にこげ茶やベージュの細かいまだら模様がある。メスは顔が白っぽく、オスは顔が赤っぽいが、オスメスともほとんど同じ羽色である。

ヒナのうちは褐色の産毛で背に黒の3本の線が走り、孵化直後から自立して餌を摂る事ができる。40日ほどで成鳥の羽毛に生え変わり始める。

分布

東日本と中国東北部、沿海州で繁殖し、西日本と中国南部で越冬する。留鳥が多いキジ科の鳥の中ではめずらしい渡り鳥である。茂みや農耕地などの草地に生息し、地上で昆虫類や穀類などを採餌する。

群れで行動し、つがいを成さない。家禽のウズラは抱卵せず、自力で孵化させることはまずない。

家禽

ウズラが家禽として飼育され始めたのは江戸時代といわれている。はじめは肉や卵を取るためではなく、雄たけびが「ご吉兆(ゴキッチョー)」と聞こえたため、富裕層の間で鳴き声を鑑賞、競わせるためであった。

人に慣れた個体は後ろからヒョコヒョコ着いてくる様が愛らしく人気がある。

ウズラの卵には褐色のまだらもようがあるが、卵殻の生成過程で炭酸カルシウムを分泌するとき、個体ごとに決まったもようがつく。そのため1羽のメスが産む卵はほとんど同じ模様をしている。

なお、雛が「シマドリ」「姫ウズラ」等と称され、露店で売られる光景も見られた。

5年間の捕獲禁止方針

2007年に環境省は、カワウを狩猟対象に追加する方針を出した一方で、個体減少が著しいウズラを5年間捕獲禁止にする方針を固めた。同省は今後、公聴会や審議会での同意を得たうえで、早くて5月には省令を改正しウズラの捕獲を禁止する予定である。

ここまで引用