Home > その他 > 鳥の病気あれこれ(病名/対策/体験談) 
2016/09/06

鳥の病気あれこれ(病名/対策/体験談) 

Posted in : その他 on by : torich


鳥の病気あれこれ

病気やケガについて、とりっちアンケートで302名の方が実体験を元に答えてくれました。

患った病名、病気の対処、未病対策など、みなさんの体験談や工夫を紹介します。

※ 当ページの内容は飼い主さんのアンケート結果で作成していますので、参考にする際はドクターなど専門家の意見も確認した上で取り組まれてください。

※ なお、みなさんが「通ってよかった」と感じている病院は別の機会に紹介する予定です。

患ったことのある病気やケガTOP10

1
鳥の健康、命を脅かす病気は様々な種類があります。いつもと様子が違うと思った時はすぐに病院に連れて行きましょう。

病気やケガ TOP10
1.メガバクテリア症(AGY症) 69件(22.8%)
2.下痢 60件(19.9%)
3.卵秘、卵つまり 51件(16.9%)
4.風邪 47件(15.6%)
5.毛引き症 46件(15.23%)
6.そのう炎 39件(12.91%)
7.ケガ(骨折) 33件(10.9%)
8.ケガ(打撲、傷、脱臼、捻挫)等 25件(8.27%)
9.卵管脱、総排泄腔脱、卵塞症、卵管炎 19件(6.95%)
10.ウイルス性羽毛疾患(PBFD) 18件(6%)
【こんな病気やケガも経験されています】

疥癬症(かいせん)、ケガ(やけど)、食滞、精巣腫瘍、カンジダ症、脂肪過多症、癌(卵巣癌、胃癌、腺胃癌など)、肝臓疾患、気道炎、中毒症状(金属、亜鉛など)、トリコモナス症、脱毛症、糖尿病、副鼻腔炎、ヘルニア、悪性腫瘍、肝臓肥大、結膜炎、甲状腺腫、肺炎、卵管蓄卵材症、アスペルギルス症、胃腸炎、胃潰瘍、潰瘍、、肝機能障害、呼吸困難(線香など)、甲状腺疾患、セキセイインコ雛病(BFD)、てんかん、ペローシス(腱はずれ)、マイコプラズマ症、悪玉カビ菌、脚の麻痺、足部腫瘍、足関節感染症、胃炎、イボ、関節炎、肝臓病、外耳炎、キサントーマ(黄色腫)、クラミジア感染症(オウム病)、頸部腫瘍、高脂血症、骨肉腫、コクシジウム症、コクロソーマ、甲状腺機能低下症、趾瘤症(しゅりゅうしょう)、脂肪塊、心臓疾患、真菌性皮膚炎、斜頸(しゃけい)、腎疾患、膵外分泌不全症、大腿部肉腫、脱腸、大腿部大動脈瘤、中耳炎、腸炎、痛風、脳腫瘍、脳疾患、白血病、白内障、パチェコ病(ヘルペスウイルス感染症)、鼻炎、腹膜炎、腹水症、ロックジョー(開口不全症候群)、ワクモ症

病気にならない(または、再発しない)ための対策について

2

みなさんが気を付けていることや工夫している取り組みを223例ご紹介します。
今日から始められる対策も、きっとみつかると思います。

鳥の病気対策を見る

健康診断について

3

健康診断を受けていますか?

5

健康診断を受けている方の理由や、受けてよかったエピソードも149件寄せられました。
健康診断の大切さが伝わってきます。未病が一番!ぜひみなさんも定期的に検診を!

健康診断を受けている方の理由、エピソードを見る

ペット保険の加入について

4

ペット保険に加入していますか?

6

まだまだ鳥のペット保険に加入している方は3.3%とごく僅か…。
でも、興味がある方を含めると約40%にもなりますね。
選べるほど保険の種類が無かったり、保障内容やコスパなどが要望にマッチしなかったりもあるかと思いますので保険会社の頑張りに期待したいところですが、これを機会に保険会社のサイトをチェックしてみては?

みなさんが加入している保険会社

保険会社一覧

アニコム損害保険 ※ 2016年9月現在販売停止
日本アニマル倶楽部 http://animalclub.jp/
ペットライフジャパン http://www.animalclub.jp/

保険の「どんなプランを利用しているのか」や「保険を利用した実体験」など、8件と少数ですがコメントをいただいています。

保険のプラン内容やエピソードを見る