とりっちカフェ

2020/12/23

鳥さんの「冬の寒さ対策」徹底解説/温度は?湿度は?必須アイテムは?

冬の寒さ対策、どうしてる?

12月も半ばになりいよいよ寒さ本番になりましたね。
「温度や湿度はどれくらいがいいの?」「寒さ対策アイテムは何を準備したらいいの?」など、気になる冬の寒さ対策方法について、鳥さんにお詳しい鳥系YouTuberさん4名それぞれにお聞きしました。
テキストに加え、解説動画もめっちゃわかりやすいですので要チェックです^^

飼育初心者の方にも分かりやすく解説♪

鳥くさいチャンネルさん

飼っている鳥さん:オカメインコサザナミインコ文鳥

プロフィールバードライフアドバイザー2級。YouTubeチャンネル『鳥くさいちゃんねる』、ブログ『鳥くさいどっとこむ』で鳥の飼育情報をわかりやすく丁寧に解説。

YouTubeチャンネルをみる

寒さ対策をみる
プロフィールバードライフアドバイザー2級。YouTubeチャンネル『鳥くさいちゃんねる』、ブログ『鳥くさいどっとこむ』で鳥の飼育情報をわかりやすく丁寧に解説。

YouTubeチャンネルをみる

  • 室内環境について気をつけていることはありますか?

  • 【温度・湿度の目安】
    ●初めての冬を迎える鳥や老鳥:25℃〜30℃
    ●ヒナであれば常時28℃前後
    ●健康な成鳥:20℃〜27℃
    ●病鳥や体調不良時:28℃〜30℃
    ●湿度:40%〜60%
    【気をつけていること】
    ●健康な成鳥の場合、保温のしすぎは発情を促進させることがあるので適度に。
    ●温度の数字だけでなく、鳥さんの様子を見て寒そうにしている仕草(詳細は動画をご覧ください)をしていないかを時折確認。

  • 飼い主さんが在宅時および外出時に気をつけられていることを教えてください。

  • 【在宅時】
    ●基本はケージを設置している室内の温度をエアコンでコントロール。
    ●補助的に小動物用のヒーター(我が家では電球タイプやパネルタイプ)を使用する。
    ●寒さに特に敏感な鳥さんには『アクリルケース(アクリルケージ)』とサーモスタット(温度を自動で調整する装置)を併せて使用する。
    ●定期的にヒーターが故障していないかを確認する。
    【外出時】
    ●特にありません。在宅時と同様です。

  • 実際に購入して良かったと思った寒さ対策アイテムは何ですか?

  • 【温度・湿度の目安】
    ●温湿度計
    ●電球タイプのヒーター
    ●パネルタイプのヒーター
    ●アクリルケース(アクリルケージ)
    ●サーモスタット
    ●ゆたぽん(ジェルタイプの繰り返し使えるゆたんぽ / 通院などの鳥との外出時に)
    上記飼育用品の詳細(商品リンクなど)は、ブログ記事にて紹介しております。『鳥くさいどっとこむ』の【冬の寒さ対策について】をお読み下さい。
    https://tori-kusai.com/2020/10/10/2085/

鳥飼いさんへメッセージ飼育全般に言えることですが、これが正解という対策はなく、正解に近い飼育方法はいちばん鳥さんのことをよく見ている、愛情を持って接している『飼い主』さんが見つけ出すものだと思います。
飼育書・ネットでの情報は参考程度に。また、担当獣医師の医療的なアドバイスはとても重要ですが、いちばんのかかりつけ医は『飼い主』さん自身です。
ぜひ、その子その子の性格や特徴に合った飼育方法や困りごとへの対策を、ご自身でも日々観察を重ねながら考えてみてくださいね。


(冬の寒さ対策〜①基礎編〜)
(冬の寒さ対策〜②実践編〜)
とじる

北海道十勝在住のオカメインコブリーダー

ガブと愉快な仲間たちさん

飼っている鳥さん:オカメインコソロモンオウムシロハラインココザクラインコ

プロフィール北海道在住のオカメインコブリーダー。You Tubeチャンネル『ガブと愉快な仲間たち』では、巣引きや産卵、子育てなど役立つ情報を楽しく毎日配信。現在、毎週水曜日21時頃から「ガブママの鳥ちゃん相談部屋」をライブ開催。

YouTubeチャンネルをみる

寒さ対策をみる
プロフィール北海道在住のオカメインコブリーダー。You Tubeチャンネル『ガブと愉快な仲間たち』では、巣引きや産卵、子育てなど役立つ情報を楽しく毎日配信。現在、毎週水曜日21時頃から「ガブママの鳥ちゃん相談部屋」をライブ開催。

YouTubeチャンネルをみる

  • 室内環境について気をつけていることはありますか?

  • 鳥さん部屋の冬に気をつけている所は換気ができる環境である事です。
    気温が下がる季節でも換気は必要だと思います。
    換気をする事によって 細菌などの感染の防止ができるからです。
    湿度は人間用に加湿している程度です。

  • 飼い主さんが在宅時および外出時に気をつけられていることを教えてください。

  • 【在宅時】
    うちは基本NOヒーターですが、部屋の空気を循環できる様にしています。
    【外出時】
    飼い主が不在時も同様です。

  • 実際に購入して良かったと思った寒さ対策アイテムは何ですか?

  • 購入して良かった寒さ対策のアイテムは加湿器です。空気が乾燥しているより湿度がある方が空気は暖かくなります。
    他には扇風機、サーキュレーターなど空気を循環させるアイテムです。ヒーターについては幼鳥、若鳥、病気の子、老鳥に使います。(うちには老鳥はいませんが)

鳥飼いさんへメッセージ人間が寒くない環境であればヒーターは要らないと思います。
鳥は意外と気温に順応し換羽期には季節の羽毛をまといます。
自己免疫力を高める為にも、過度な加温は避けた方が良い様に思います。


とじる

中型・大型インコの飼育についてはこの方!

きいさんさん

飼っている鳥さん:モモイロインコムラクモインコシロハラインコニョオウインコ

プロフィール大型、中型の珍しいインコ6羽と暮らしているアラフォー主婦。YouTubeチャンネル『きいさん』では、VLOG形式で鳥たちとの生活を毎日配信中。サブチャンネル『料理しないアラフォー主婦と鳥6羽』ではきいさん自身の話題も。

YouTubeチャンネルをみる

寒さ対策をみる
プロフィール大型、中型の珍しいインコ6羽と暮らしているアラフォー主婦。YouTubeチャンネル『きいさん』では、VLOG形式で鳥たちとの生活を毎日配信中。サブチャンネル『料理しないアラフォー主婦と鳥6羽』ではきいさん自身の話題も。

YouTubeチャンネルをみる

  • 室内環境について気をつけていることはありますか?

  • ニョオウインコを育てる上で27度以下にしない方が良いと聞きそのようにしています。過保護にしすぎないという考えもありますが野生の鳥ではないため、1羽1羽様子を見ながら室温は調整しています。乾燥すると室温が上がらないため加湿器も使い、温湿度計は部屋に7つ置いています。

  • 飼い主さんが在宅時および外出時に気をつけられていることを教えてください。

  • 【在宅時】
    エアコンは常に28度設定、マイカヒーターとサーモスタッドを使用しています。加湿器は加熱式です。超音波式の加湿器は以前5台使用しましたがすべて白い粉が出ていたので加熱式に戻しました。外につながる窓にはビニールカーテンを掛け、床にはプラスチックダンボールを立てかけて冷気ができるだけ入らないようにしています。
    【外出時】
    長時間の外出は滅多にありませんが、マイカヒーターと加湿器は念のため電源を切ります。

  • 実際に購入して良かったと思った寒さ対策アイテムは何ですか?

  • マイカヒーター、サーモスタット、ビニールカーテン、詳しくは動画でお話ししています。商品詳細は楽天ROOMに載せています。
    https://room.rakuten.co.jp/kiitoday/items

鳥飼いさんへメッセージエアコンの風がケージに直撃しないよう、アクリル板と養生テープでケージを囲っています。お迎え当初にビニールカーテンを使用したところニオイが気になったためアクリル板に変更しました。冷気は下に漂うため床にも温湿度計を置いてチェックしています。


とじる

鳥と生きる講演家

インコのためのボランティア!ハッピーインコさん

飼っている鳥さん:アルーキバタン、アオメキバタンヨウムオオハナインコ、キソデボウシインコ、コガネメキシコインコ、ワキコガネイロウロコインコ、ホオミドリアカオウロコインコ(ノーマル、パイナップル)、シロハラインコオキナインコ、ワカケホンセイインコ、オカメインココザクラインコナナクサインコアキクサインコマメルリハ、羽衣セキセイインコ

プロフィール鳥と生きる講演家。YouTubeチャンネル『はがひでき & ハッピーインコ』でインコの飼育方法や付き合い方を情報発信。インコのための講演ボランティア『ハッピーインコ』も活動中。

YouTubeチャンネルをみる

寒さ対策をみる
プロフィール鳥と生きる講演家。YouTubeチャンネル『はがひでき & ハッピーインコ』でインコの飼育方法や付き合い方を情報発信。インコのための講演ボランティア『ハッピーインコ』も活動中。

YouTubeチャンネルをみる

  • 室内環境について気をつけていることはありますか?

  • 快適な室温にすれば、鳥さんは快適です。
    それができるならば、とても良いことです。
    でも、場合によっては、できない場合もございます。
    ※健康な成鳥の場合です!
    その際の考え方として、寒すぎない。暑すぎない。が大事だと思っています。
    原種の生息地によってそれぞれの温度は違いますが、
    例えば、
    18度より低くなれば、寒いと感じます(人も鳥も)
    30度より高くなれば、暑いと感じます(人も鳥も)
    その範囲内(18度〜30度)にあれば、よいと考えることもできます。
    その範囲内で、鳥さんの様子を、よく観察しながら、温度設定をされると良いと思います。
    うちの鳥さんのお部屋の環境は、冬は20度〜22度、夏は、27度〜30度くらいです。
    室温を保つ方法は、お部屋の造りや構造によってかわってきます。
    まずは、鳥さんの様子を、よく確認するとよいと思います。

  • 飼い主さんが在宅時および外出時に気をつけられていることを教えてください。

  • 【在宅時】
    鳥さんのお部屋で、業務用天井埋め込み型エアコンで、部屋の温度をコントロールしています。ルーバーの風が、鳥さんに直接あたらないように気を付けています。
    【外出時】
    在宅時と同様です。

  • 実際に購入して良かったと思った寒さ対策アイテムは何ですか?

  • エアコンで部屋全体を管理する場合でも、必ず予備として、保温電球型ヒーター、シート型ヒーター、充電式カイロ(携帯型)などを準備しておくべきだと思います!

鳥飼いさんへメッセージ鳥さんに、ガマンさせる必要はありません。寒さにならす必要もありません。(修行じゃないのだから)
問題なく、健康に暮らせる温度にしてあげましょう!


とじる

さいごに

4者4様の寒さ対策、いかがでしたか?
鳥さんも人間と同じように風邪をひきますし、ちょっとした油断が後悔につながることも。
なんとなく、ではなく免疫力を高めること(信じること)も頭に置きながら、鳥さんの種類や体調、年齢の考慮、しぐさの観察などを通じてその子その子、その時々に合わせた「意図のある温度や加湿の対策」が必要なのかもしれませんね。
愛情いっぱい、飼い主さんの手で大切な命を守ってくださいね!
※なお、当記事を参考にされる際は自己責任でお願いいたします。




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

とりっちは18,000人以上の
「鳥さん好きな方」が集まったコミュニティーです(無料)

鳥さんの「飼い方、悩み解決方法、魅力」を知りたい!と思ったら、とりっちをチェック!様々な鳥さんを飼っている飼い主さんたちの体験談やアイディアをご覧いただけます。また、完全無料のメンバー登録をすることで、メンバーの飼い主さんにいろんな質問をしたり、雑談もできます!(里親募集もあります)
とりっちを活用して、素敵な鳥ライフをエンジョイしてくれたらうれしいです!

とりっちをみる 〉