鳥の病気・病院(インコ・文鳥・オウムなど)

メイントピック

[1]何かの病気?それとも、ただのデブ?

みなさん、こんにちは
早速なのですが、うちのセキセイインコ、女の子なのですが、3月ごろから体重が40gを超すようになり、3月初旬に2個産み、三月末に1個産みました。普通、1回に5~6個産むと言われているのに、変な産み方をすると気になっていました。

4月に入っても40g台は続き4月8日には、44.1gに。40g後半に手が届きそうに・・これは、変かも?と思って、次の日病院へ連れて行くと、やはり卵があり、出してもらいました。この後また2~3日したら産んでしまいますか?と、聞いたら、体力があれば産むかもしれないし、なんとも言えないと言われ、ダイエットするよう言われました。
この後、暫く40g台前半だったのですが、先週から43g台になり、今朝は45.4gにもなっていました。お腹を触っても、コリっとした感じもなく卵はなさそう?(シロートが触ってもわからないのが現状なのですが・・)です。

これは、なにか病気なのでしょうか?それともただのデブなのでしょうか?
餌は、私が仕事に行っている時に、主人がちょくちょくあげてしまっていた時期があったのですが、最近はそういうことは控えていると、言っています。
似たようなご経験のあるかた等、アドバイス等宜しくお願いいたします。

投稿ID: HV2W/l2jJ5eQLTan5ztjXw

このトピックに対する返信(3日以内のカキコミにはNEWマークが付きます) 古い順に並べ替え

うず惚れ
11歳で亡くなった自慢のジャンボちゃん。

[2]Re: 何かの病気?それとも、ただのデブ?

うず惚れ
11歳で亡くなった自慢のジャンボちゃん。

こんにちは。
鳥さんの様子、とても気になりますね。

鳥さんが太っているか痩せているか~と言うのは、体重(g数)ではなく、その子その子の骨格によって違ってきます。
産卵の際に診て貰った獣医師に、改めて診ていただいて、骨格(胸骨の出具合)・肉付き・脂肪の付き具合を触診していただき、鳥さんはどの位の体重がベストなのか確認される事をお勧めしたいと思います。

恐らくダイエットは、発情・産卵しないように、という事が一番の目的で獣医師は言われたのかなと思います。
そういう意味でも、鳥さんの適切体重と与えて良い普段の餌の適量(g数)を、一度確認されてみてくださいね。

また、産卵もされていたとの事ですね。
卵を産まないのに体重が増えて行く場合、軟卵と言って殻の無い・あるいは柔らかくて、表面上は触れても分からない物がお腹に詰まっている(溜まっている)場合があります。
あるいは、卵の出来損ないがお腹に溜まって行く卵材症という病気もあります。

こちらはレントゲンやエコーで調べていただくと分かります。
こうした病気の場合は、早期に診て・処置していただかないと、卵管などに癒着して最悪手術~という場合もあります。
可能であれば一度、そうした病気の可能性が無いかどうか、改めて早めに獣医師の診察を受けて貰えたらと思います。

投稿ID: BqZZRR9fLeBTL+BUoEN8UA

1 - 1件 1件中