鳥図鑑

コンパニオンバードが大集合。
とりっちのメンバーみんなでつくるとりっち鳥図鑑です。

鴨に関するトピック

1 - 5件 14件中

鴨を飼っているメンバーリスト(メンバー数 11件)全てのメンバーを見る

鴨について

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 鴨から引用(2008.9.24 13:25)

鴨(カモ)とはカモ目カモ科の鳥類のうち、雁に比べて体が小さく、首があまり長くなく、冬羽(繁殖羽)では雄と雌で色彩が異なるものをいう(カルガモのようにほとんど差がないものもある)。分類学上のまとまった群ではない。

概要


日本では主にカルガモ、オシドリなどが通年生息し、全国の河川や湖などで見られる。本邦では多くが冬鳥であるため、冬季にはマガモ、コガモ、オナガガモ、スズガモなど多種が見られる。

食用ともされ鍋やすき焼きにすると美味(ただし、「鴨肉」と呼ばれるものの、実際にはアイガモが多い)なものも多いが、臭みが多く全く食用に供されないものもいる。狩猟してよい種と期間・地域・猟具は鳥獣保護法に定められている。鴨鍋は現在ではネギとともに煮ることが多いが、江戸期においてはセリが鴨の相手として好適とされていた。

野生種では生息数や生息地の減少からワシントン条約や日露渡り鳥条約、日中渡り鳥条約、日米渡り鳥条約、ボン条約(日本は未加盟)などの適用を受けている種も多く、生息地がラムサール条約に登録されることもある。

マガモを家禽化したものはアヒルと呼ばれる。日本語と異なり英語のDuckなどヨーロッパの言語では、基礎語彙のレベルでは野生の鴨と家禽のアヒルを区別しないので、翻訳に際して注意が必要である。バリケンも鴨の範疇に入る。

鴨が使われる諺

鴨が葱を背負ってくる
鴨鍋にネギを入れると臭みがとれて美味しくなる事から、いいことが重なってやってくること。また、「鴨」は利用しやすい人をいうことから、食い物にしやすい人がこちらの利益になる材料を持ってやって来ることもいう。略して鴨葱(カモネギ)。
いとこ同士は鴨の味
いとこ同士の夫婦の仲はとても睦まじいということ(いとこ、いとこ婚の項を参照)。

ここまで引用