鳥図鑑

コンパニオンバードが大集合。
とりっちのメンバーみんなでつくるとりっち鳥図鑑です。

キバタン

キバタンに関するトピック

1 - 5件 57件中

キバタンを飼っているメンバーリスト(メンバー数 11件)全てのメンバーを見る

キバタンについて

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 キバタン飼育から引用(2008.9.24 17:31)

キバタン(英名 Sulphur-crested Cockatoo、学名 Cacatua galerita)は、オーストラリアのオウムの中でも広く分布している大型のオウムの一種である。オーストラリアの内外でしばしばかごの鳥として高い人気を博すが、オーストラリアの穀倉地帯では数が増えすぎて害鳥として銃で撃たれたり毒殺されたりすることがある。しかしながら彼らはオーストラリア連邦法規により保護された種であることから、それにはもちろん政府の許可が必要である。

彼らは穀物や果樹の栽培に対して(家屋の羽目板や庭の家具、樹木といった木材による構造物に対するのと同様に)有害なことがある。キバタンは外見がオーストラリアで見られる三種類のバタンインコ(Corella)によく似ている。しかしバタンインコはキバタンより小型で、人目を引く黄色い冠羽を持っていない。オーストラリアの各地には少数だが地方種が存在する。

体重は通常 800g前後に達する。ほとんどの場合、オスはほぼ真っ黒な色の目をしていることからメスと見分けることができる。これに対してメスはもっと赤ないし茶色の目をしている。彼らは非常に大きな特徴的で騒々しい鳴声を立てることができる。これは生息している熱帯林や亜熱帯林を含む森林環境で、遠くまで声が届くことを意味している。キバタンは非常に高い知能を持っているだけではなく生まれつき好奇心の強い生き物である。ヨーロッパ人がオーストラリアに作った入植地にたいへんよく適応しており、たくさんの都市部にも生息している。

キバタンもほかの多くの種類のオウム目の鳥と同じように、蔓延している PBFD(オウム類の嘴・羽毛病 Psittacine Beak and Feather Disease)として知られるウイルス性疾患に感染しやすい。この病気は羽毛欠損や嘴の形成異常を引き起こす。

分布

キバタンはオーストラリアのアイアンレンジ山脈を超えた ファーノースクイーンズランドから、スノウイーマウンテンの一部にいたる、さまざまな気候の地域に分布している。彼らはまたアデレードや南部サウスオーストラリア州にも多くおり、パースの北でも見ることができる。

これらの鳥は土食(食物を解毒するために粘土を食べるプロセス)の習性があることで知られている。

飼育と世話

キバタンの米国への輸入は野鳥保護法の規制により、すでに行われていない。しかしながら飼育下での繁殖が行われている。これらの鳥を飼育しようとする者は、この鳥がどれほど騒々しいかということや、木材やその他の堅い有機物素材をかじりたいという自然の欲求を持っていることのみならず、この鳥を飼育するのに要求されるものに対して深い注意をはらわなくなくてはならない。

彼らは非常に長命であり、飼育下では70年かそれ以上生きることができるが、野生においてはおよそ20年から40年程度にすぎない。


ここまで